2010-03-29

譲渡会(3/28佐世保市島瀬公園・長崎猫の会)

post at 2:54 on 2010-03-29

長崎猫の会主催で開かれた譲渡会にお手伝いに行ってきました。さるねこ父、生まれて初めて佐世保に足を踏み入れます。とらきちさんのスーパースペシャルな運転によって、小一時間で佐世保の会場へ。その道すがら、びっくりしたことがひとつありました。

今日も白山部長は譲渡会ではこんな感じだったのですが……

IMGP21634
ねこバスにちゃんちゃんこの白山部長

行き帰りの車内では、白山部長は、活発に動く! 活発にしゃべる! 部長は、ひとの目を見て「にゃーお」と話します。けっこう高い声です。きりっとした表情は、めっちゃ男前です。すっくと立ち上がって、ケージのなかから車のフロントウィンドウの向こうを眺めている姿は、意外にすらりとしていて、まるで別にゃんです(……「おまえはふだん、わたしのことをどう思っていたんだ!?」と部長に怒られそうですが)。

全国に白山部長ファンの方はいらっしゃると思いますが、もちろんその「どっしりした風格」にも魅かれるでしょうけれど、とらきちさん以外はほとんど知らないであろう「若々しいオスねこ」としての白山部長の隠れた魅力もあったんですよ。白山部長は5歳ってことになってますが、立ち居ふるまいを見てると、どうももっと若い──3歳ぐらいじゃないかな?

写真ではそういったところはなかなか伝わらないし、譲渡会に来てみてもやっぱりあんまりわからない。トライアルでもいいから一緒に暮らしてみると、きっとまた違う白山部長のよさが伝わるんだろうな、と思いました。

IMGP21621 
しかし譲渡会ではおとなしい白山部長


さて、譲渡会の会場です。佐世保の繁華街のなかで、ひっきりなしにひとが覗いていくフリーマーケット&ねこゲージ。

IMGP21544

IMGP21546

IMGP21548 
あいかわらず「うわー、大きいねこー!」と言われる白山部長

IMGP21540
まめこさんのところで預かりの「柄かぶりーず」3兄妹(たろう・じろう・はなこ)は、そのしぐさで覗いていくひとたちの心をわしづかみに──なんたって、こんな感じでしたから(Animation JPEG が2枚です)。

【柄かぶりーず・その1】

下の画像が見えない方は ここをクリック

【柄かぶりーず・その2】

下の画像が見えない方は ここをクリック

MotionSWFというフリーソフトで作っています。


譲渡会では、白山部長・柄かぶりーずとも今日はご縁がつながりませんでしたが、柄かぶりーず3兄妹は後日お見合いが入っているそうです。

それにしても長崎~佐世保はやはり遠かった。あと、11時に集まって21時に解散するまで、ちゃんとした食事の時間は取れなかった(差し入れのパンやお菓子はありがたく戴きました)のはやや誤算でした。R&Gの譲渡会も9時集合~14時過ぎ解散までぶっ通しですし、「譲渡会とは、おなかがすくものだ」というのがこの2~3ヶ月で学んだ(?)ことです。

1月に2回、2月に1回、3月に3回で計6回、長崎わんにゃん会さん・R&G長崎の保健所の命を救う会さん・長崎猫の会さんの譲渡会のお手伝いをさせてもらったことになります。4月に入ると少し仕事が忙しくなることもあるので、その都合に合わせながら、これからは月1~2回ぐらいのペースで、あちこちの譲渡会のお手伝いをさせてもらおうと考えているところです。

0 件のコメント:

コメントを投稿