2012-07-05

正式譲渡契約書

post at 10:03 on 2012-07-05

正式譲渡契約書
私、元親(氏名)                     は、
本日    年   月   日譲渡予定動物(生後   ヶ月・種類    ・性別    ・毛色   ・ 特徴、    頭)を
里親予定者(氏名                様 へ里親適性を認め譲渡いたしました。
  
1 、譲渡について
元親は里親予定者のもとでの飼育環境が譲渡予定動物に適しており、里親予定者が里親として充分信頼できる人物であると認めます。両者合意のもと開始した里親適性試験期間は本日をもって終了し、譲渡予定動物を正式に里親予定者に譲渡することを承諾いたします。よって本契約をもって里親予定者は里親となり譲渡予定動物は譲渡動物となります。

2 、所有権について
譲渡動物の所有権は本正式譲渡契約をもって里親に移ります。ただし、本契約書記載内容に対しての違反が認められた場合、ならびに動物を飼うのに不都合な事実の隠ぺい(経済面・健康面)、または本契約書記載の住所、身分等に虚偽の内容があった場合、または住所変更に際し元親への住所変更通知を故意に怠った場合、その時点で譲渡動物の所有権は元親に戻され譲渡動物は元親に返還することとします。

3 、譲渡動物の返還について
正式譲渡後であっても里親において譲渡に際しての約束が守られていない(本契約書への違反)と元親が判断した場合は、契約不履行として元親は譲渡動物の返還請求をすることができ、里親はそれに応じなくてはなりません。
また里親が譲渡動物の飼育者として不適格であると元親が感じた場合、元親と里親の信頼関係が損なわれた場合にも、元親からの譲渡動物返還請求に応じなくてはなりません。その場合譲渡動物の返還にかかるすべての費用は里親負担とします。

4 、飼養放棄(飼えなくなること)について
里親は、正式譲渡後について、いかなる理由(結婚、離婚、リストラ、倒産、海外赴任、火事、病気、アレルギー、出産 、一家離散、家族死亡、本人死亡、自然災害、譲渡動物の問題行動や疾患など)をもっても譲渡動物の飼養放棄はできません。万一譲渡動物を飼育できないと感じる事態が起こった場合は 、必ず元親に報告する義務を負います。
やむなき事情で飼育が困難と感じた場合、元親の指導のもとに環境改善の努力をします。
飼育が困難となっても譲渡動物を捨てたり行政処分に持ち込むことなく、速やかに元親へ飼養放棄の通達をし、その所有権は元親へ戻し次の里親への譲渡成立までにかかる費用を全て負担しなくてはなりません。

5 、面会について
里親は正式譲渡契約後も、元親からの譲渡動物の写真請求や面会請求に応じなくてはなりません。
それにより飼育状況につき改善要求が出された場合には誠意を持って対応し、譲渡動物の飼育にふさわしい環境を整える義務を負います。元親はそのための相談に応じたり、指導する義務があります。

6 、事故等について
a 、過失により譲渡予定動物を逃がしてしまった場合は速やかに元親に連絡を取り、対策を講じなくてはなりません。場合によってはその責任を問われることがあります。
b 、譲渡動物を死亡させてしまった場合、正式譲渡契約後でも死亡に不審な点が見受けられる場合は、元親は里親に対し獣医による死亡診断書の提出を求めることができます。正式譲渡契約後の譲渡動物の死亡について不審な点がある場合は、里親は法的にその責任を問われることがあります。
c 、正式譲渡後の譲渡動物による咬傷事故等、またそれに関わる損害賠償請求が発生した場合については 、元親はその責任を問われないものとし、里親が一切の責任を負い、誠意を持って対応するものと します。

7 、正式譲渡契約後の健康管理について
下記の項目について責任をもって対処します。
a 、里親は元親から請求された場合、狂犬病予防ワクチン接種、各種伝染病予防ワクチン接種、不妊去勢手術、フィラリア予防薬投薬記録、その他健康に関する事柄について証明書や診断書を提出しなければなりません。
b 、里親は譲渡動物に対して、雄は去勢手術、雌は不妊手術を受けさせなくてはなりません。里親が動物の飼育初心者いかんに関わらず元親は各手術完了まで相談および指導を行う義務を負います。
c 、里親は譲渡動物に対し、各種伝染病予防のため、適切な時期にワクチンを接種させなくてはいけません。
d 、里親は譲渡動物に対し、病気予防にこころがけ、万一罹患した場合には速やかに獣医師の診断を受け、適切な治療を受けさせなくてはなりません。

8 、費用について
正式譲渡後の譲渡動物にかかる食費、治療費などを含む全ての費用は里親負担とします。

9 、所有者がわかる措置について
里親は譲渡動物が迷子にならないよう首輪に迷子札を取り付けなくてはなりません。また譲渡動物は決 して放し飼いせず、猫に限っては必ず室内飼育をしなくてはなりません。

10 、本誓約書について
本譲渡契約書は2通作成し、里親、元親それぞれが1通を大切に保管いたします。本譲渡契約書の内容に違反する行為が認められた場合には、譲渡動物の返還を求められる、または飼育環境や飼育態度の改善を求められます。
これは里親が譲渡動物を家族として迎えるための譲渡です。譲渡動物の業者への転売(里親詐欺)、動物虐待目的、繁殖目的など本譲渡契約書の主旨に反する行為が若干でも認められた場合、または元親にその疑いを抱かせるような行為や態度が認められた場合は、里親は元親の請求に従い直ちに譲渡動物を返還しなくてはなりません。また責任を問われ法的措置を取られても異存はありません。
以 上

上記について里親はこれを遵守し、譲渡動物を家族の一員として習性を理解するよう努め、最後まで責任を持ち飼育する事を誓約いたします。
里親およびその家族全員並びに元親は上記についてすべて承諾し、両者合意のもと、譲渡の契約を結ぶことといたします。

    年    月    日

譲渡人 氏名         (印)  身分証     No  
住所  〒

里親 氏名            (印)  身分証     No
住所(世帯主名       )〒
電話番号 
(万一の保護先、実家等)

【個人情報取り扱いについて】
インターネットを通じて得た個人情報につきましては、印刷後削除しネット上への流失を防止します。
譲渡により得た個人情報は当譲渡対象猫の譲渡関係のみだけに使用し、他に転用・開示等する事は絶対ありません。
管理者の下、適正に保管され情報を守ります。
ただし里親様が里親詐欺と確定された場合のみ犯罪防止活動のために、
関係諸機関 及び 警察に情報を開示する場合がございます。

仮譲渡契約書

post at 10:00 on

私、元親(氏名)                   は、   
本日       年  月   日譲渡予定動物(生後  ヶ月・種類    ・性別   ・毛色  ・特徴、     頭)を   
里親予定者(氏名)                 様   
へ里親適性試験期間として仮譲渡いたしました。両者合意のもと里親適性試験期間は   
     年   月   日 ~        年  月   日までとします。   


1 、里親適性試験期間について   
   
本日より両者合意のもと開始した里親適性試験期間は、里親予定者が里親としてふさわしいか、譲渡予定動物にとって飼育環境が適するかを元親が判断する「里親適正試験期間(以下ホームステイ期間)」となります。
ホームステイ期間中、里親予定者はいかなる理由においても元親の譲渡予定動物返還要求に応じなくてはなりません。
   
2 、所有権について   
   
譲渡予定動物の所有権は元親にあり、譲渡予定動物所有権の譲渡は正式譲渡契約をもって行います。
従って本日の譲渡予定動物の譲渡は「仮譲渡」となりホームステイ期間中は「仮譲渡(借り受け)期間」となりますので、第三者への譲渡予定動物の譲渡の権利は里親予定者にはありません。

本仮譲渡契約書記載内容に対しての違反が認められた場合、ならびに動物を飼うのに不都合な事実の隠ぺい(経済面・健康面)、または本契約書記載の住所、身分等に虚偽の内容があった場合、または住所変更に際し元親への住所変更通知を故意に怠った場合、その時点で譲渡動物は元親に返還することとします。
   
3 、譲渡予定動物の返還について   
   
a 、ホームステイ期間中、里親予定者は家族および先住動物と譲渡予定動物との相性をみて不安を感じる、または里親予定者の自己都合の理由で譲渡予定動物を元親へ返還したい場合、元親は返還に応じます。その場合、交通費など返還にかかる費用はすべて里親予定者負担とします。   
b 、試験期間終了後元親の審査により譲渡不成立となることがあります。その場合、譲渡予定動物の返還にかかる費用は双方等分負担とします。   
c 、正式譲渡後であっても、里親予定者において譲渡に際しての約束が守られていないと元親が判断した場合は、元親は譲渡予定動物の返還請求することがで き、里親予定者はそれに応じなくてはなりません。   
また動物の飼育者として里親予定者が不適格と思われた場合、元親と里親予定者の信頼関係が損なわれた場合にも里親予定者は元親の譲渡予定動物返還請求に応じなくてはなりません。   
その場合、譲渡予定動物の返還にかかる費用は全て里親予定者負担とします。   
   
4 、飼養放棄(飼えなくなること)について   
   
里親予定者は、ホームステイ期間中および正式譲渡後について、いかなる理由(結婚、離婚、リストラ、倒産、海外赴任、火事、病気、アレルギー、出産、一家離散、家族死亡、本人死亡、自然災害、譲渡予定動物の問題行動や疾患など)をもっても譲渡予定動物の飼養放棄はできません。万一譲渡予定動物を飼育できないと感じる事態が起こった場合は、必ず元親に報告する義務を負います。やむなき事情で飼育が困難と感じた場合、元親の指導のもとに環境改善の努力をします。

万一譲渡予定動物を飼育できなくなった場合は、必ず元親に報告する義務を負います。

やむなき事情で飼育が困難になった場合、譲渡予定動物を捨てたり行政処分に持ち込むことなく、速やかに元親へ飼養放棄の通達をし、その所有権は元親へ戻し次の里親への譲渡成立までにかかる費用を全て負担しなくてはなりません。
   
5 、環境確認について   
   
里親予定者はホームステイ期間中および正式譲渡契約後も、元親からの譲渡予定動物の写真請求や面会請求に応じなくてはなりません。それにより飼育状況につき改善要求が出された場合には誠意を持って対応し、譲渡予定動物の飼育にふさわしい環境を整える義務を負います。元親はそのための相談に応じたり、指導する義務があります。   
   
6 、事故等について   
   
a 、ホームステイ期間中、過失により譲渡予定動物を逃がしてしまった場合は速やかに元親に連絡を取り、対策を講じなくてはなりません。場合によってはその法的責任を問われることがあります。   
b 、ホームステイ期間中、譲渡予定動物を死亡させてしまった場合、獣医による死亡診断書を元親に提出しなくてはなりません。正式譲渡契約後でも死亡に不審な点が見受けられる場合は、元親は里親予定者に対し獣医による死亡診断書の提出を求めることができます。ホームステイ期間中および正式譲渡契約後の譲渡 予定動物の死亡について不審な点がある場合は、里親予定者は法的にその責任を問われることがあります。   
c 、ホームステイ期間中の譲渡予定動物による咬傷事故等については里親予定者が一切の責任を負うものとします。   
   
7 、ホームステイ期間中の健康管理について   
   
a、里親予定者は譲渡予定動物に対し、各種伝染病予防のため、適切な時期にワクチンを接種させなくてはいけません。
    (次回    年  月 予定)
b、里親予定者は譲渡予定動物に対し、病気予防にこころがけ、万一罹患した場合には速やかに獣医師の診断を受け、適切な治療を受けさせなくてはなりません。

8 、費用について   
   
ホームステイ期間中譲渡予定動物飼育にかかる食費、治療費などを含む全ての費用は里親予定者負担とします。   
   
9 、所有者明示について   
   
里親予定者は譲渡予定動物が迷子にならないよう首輪に迷子札を取り付けなくてはなりません。また譲渡予定動物は決して放し飼いせず、猫に限っては必ず室内飼育をしなくてはなりません。   
   
10 、ホームステイ期間中並びに正式譲渡契約後の飼育に関しての衛生基準   
   
a 、里親予定者は譲渡予定動物の飲み水は毎日取り替え、食器は使用の度に洗わなくてはなりません。   
b 、里親予定者は、猫については猫用トイレ砂を用意し、毎日排泄物を掃除しなくてはなりません。   
ま た、犬については排泄物は毎日きれいに掃除し、また散歩で排泄した場合は持ち帰り処分しなくてはなりません。   
   
11 、本契約書について   
   
本仮譲渡契約書は2通作成し、里親予定者、元親それぞれが1 通を大切に保管いたします。   
本仮譲渡契約書の内容に違反する行為が認められた場合には、譲渡予定動物の返還を求められる、または飼育環境や飼育態度の改善を求められます。   
こ れは里親予定者が譲渡予定動物を家族として迎えるための仮譲渡です。譲渡予定動物の業者への転売(里親詐欺)、動物虐待など本仮譲渡契約書の主旨に反する行為が若干でも認められた場合、または元親にその疑いを抱かせるような行為や態度が認められた場合は、里親予定者は元親の請求に従い直ちに譲渡予定動物を返還しなくてはなりません。また責任を問われ法的措置を取られても異存はありません。   
   
12 、正式譲渡について   
   
正式譲渡については別途正式譲渡契約書を作成し、里親予定者およびその世帯主、並びに元親の署名捺印をもって契約することといたします。   
以 上   
上 記について里親予定者はこれを遵守し、譲渡予定動物を家族の一員として習性を理解するよう努め、最後まで責任を持ち里親適性試験期間中飼育する事を誓 約いたします。   
里 親予定者およびその家族全員並びに元親は上記についてすべて承諾し、両者合意のもと、仮譲渡の契約を結ぶことといたします。   
    年   月   日   
"譲渡人氏名         (印) 住所 〒
                                      身分証      No             "   
"里親氏名          (印) 住所 〒             
                                      身分証      No"   
(世帯主名)   
(万一の保護先、実家等)   
【個人情報取り扱いについて】犯罪防止活動のために、関係諸機関 及び 警察に情報を開示する場合がございます。   

2011-03-09

移転します

post at 2:44 on 2011-03-09

こちらのブログは、以下のアドレスに移転します。

http://www.saruneko.net/

もし奇特にもブックマークされている方がいらっしゃいましたら、変更をよろしくお願い申し上げます。

2011-03-07

南島原市多頭飼い・続報

post at 23:03 on 2011-03-07

先日記事にした南島原市の多頭飼いの続報です。高齢者の方が施設入所を控え、17匹のねこが行き場を失う前に、と介護支援をされている方がサポートに入ってその子たちの不妊化手術を引き受け、さらに里親探しをされています。

サポートに入っていらっしゃる方(matsuさん)がなかなか写真をうまく撮れない、ということで、とらきちさんと一緒に南島原まで行ってきました。途中、とらきちさんケータイによるカーナビで雲仙温泉まで登らされたのですが、確かに最短ルートではあったものの、折からの雨で山にかかったガスのせいで視界が20~30mになったときは、ちょっと焦りました(運転していたので、写真はありません)。

K-r05289
高齢者の方のお宅の周りに広がる畑の風景

K-r05292
近所には、カンナ柄の牛を飼っているお宅もありました

K-r04520
カ:ぼく?
父:牛さんもカンナも、シロクロでしょ?

サポートをされているmatsuさんから最初にこの話をうかがったときには「地域ねこ化は無理ですか?」と尋ねましたが、確かにこの風景をみると、それは無理だと納得しました。やっぱり現場は見てみるものです。


さて、写真のとおり、当日(6日)の長崎地方は雨だったため、内外飼いだというねこたちの何匹に会えるかは未知数でしたが──晴れていれば昼間でも屋敷の周囲で遊んでたりするでしょうが、雨だとどこか落ち着ける濡れない場所にこもってしまう──、残念ながらあまりたくさんのねこには会えませんでした。家の中にいたのは3~4匹、そのうち人慣れしているのは1匹だけで、あとは棚の上の方でこっそりこちらをみていたり、あるいはそそくさと逃げ出したり。

K-r05367
棚の上からこちらをうかがう鼻ちょびちゃん(こちらの記事内リストの7の子、「少し臆病ですが、近くでじっと観察しています」の通りです)

K-r05364
一目散に逃げていくキジしろちゃん(こちらの記事内リストのたぶん11の子、「臆病ですが美人猫さんです」の通りです)

そんななか、ちょっと猫風邪を引いてしまって左目が開きにくくなっていたとんちゃん こと とんぷく丸くん(こちらの記事内リストの1の子)は、超フレンドリーに出迎えてくれました。チャシロ・1歳です。しっぽは長くてしましま。

K-r05265
とんちゃん:こんちわです。

K-r05296
とんちゃん:ぼくちゃん、ちょっとぐあいがわるいのです。
さるねこ父:お医者さんに、行ってみようか?

K-r05297
とんちゃん:おことわりするです。

その代わりに、とらきちさんにナデナデされて……

K-r05299

K-r05300

K-r05302
(あ、口が……)

K-r05303
鼻ぺろ。ちょっとタイミングに失敗。

K-r05304
とんちゃん:最高です~。

……でも、結局心配なので、車で40分ほどの島原市内のmatsuさんかかりつけの動物病院に連れていくことにしました。で、ついでに(未去勢だったので)去勢手術も受けさせることに。

K-r05309
驚きのあまり、さっきまで開いていなかった左目も見開いてます。ごめんね。

診察していただいた結果、とんちゃんに先んじて入院していた茶壷丸くんや三毛ちゃんと同じく、ウィルス性鼻気管炎でした。

K-r05321
だっこしてくれているmatsuさんにぶーたれるとんちゃん。

K-r05324
そっぽ向いたりなんかして。でもって、意外とキリッとした男前の横顔だったりして。

でも、チャシロは基本的にあっけらかんとしているのです。

K-r05338
とんちゃん:だっこしてくれたからいいのです。

K-r05337

ちらっとmatsuさんを見上げる、お茶目なとんちゃんでした。

とんちゃんの入院と入れ違いで退院となったのが、同じ猫風邪を引いていたみけちゃん(こちらの記事内リストの5の子、1歳・三毛・避妊済み)。

K-r05345
ちょっとカメラに緊張気味ですが……

K-r05341
みけちゃん:あれはだれかしら?

さるねこ父の右で写真を撮っているとらきちさんにロックオンしました。さすが三毛猫。

K-r05342
目がマジです。

K-r05346

K-r05347

K-r05351

K-r05352
そのあとは、さるねこ父の一眼レフのシャッター音にもびびらずに、じっとこっちを見てくれていました。

K-r05361
落ち着いた三毛猫さんだね。

 

matsuさんの車内で島原~南島原の行き帰りにそれぞれとんちゃん、みけちゃんを抱っこした感じだと、とんちゃんはにぎやかに鳴いておしゃべりでした。みけちゃんはじっとおとなしくて、脱走防止の洗濯ネット越しにでしたがさるねこ父の腕にからだとあごをもたせかけてくつろいでいました。どちらももがいたり、逆にぶるぶる震えたりすることもなく、かなり人慣れしています。まだ今は内外飼いの記憶があるので外に出たがるかもしれませんが、半年~1年もすれば室内飼いであることに不満を感じなくなるんじゃないかなあと思います。

 

とんちゃん・みけちゃんたちに興味を持たれた方は、さるねこ父までご連絡くだされば matsuさんに取り次ぎます。成猫14匹の里親探しということで、長期戦は覚悟の上とのことですが、少しでも早く里親さんがみつかることを祈ります。また、この記事の転載やリンクについても歓迎です(いちおうご一報いただけると助かります)ので、どうかよろしくお願い申し上げます。

2011-03-05

譲渡会報告(2/27宝町公園・猫の会+Life of Animal-後編)

post at 1:17 on 2011-03-05

猫の会ブースの前編に引き続き、Life of Animal ブースの後編です。

マクビーくん(5ヶ月・チャシロ)。去勢済み、性格ははっちゃけです。チャシロですからね。

K-r04975
なんか、情けなさそうな顔でそらさんに抱っこされてます。

K-r04978
あごをもたせかけて、これはなんだか満足げ。

K-r04965
なでられて、うれしい、うれしい。

キイチくん(6ヶ月・キジしろ)も去勢済み、性格はフレンドリーです。この譲渡会でトライアルが決まり、先日お届けが済んだそうです。がんばれ!

K-r05006
めっさ目力入ってます。

K-r04988
ちょっと緊張してイカ耳だ。

K-r04992
手足も大きいし、6ヶ月で3kgということで、巨猫になりそうな予感。

 

マロンくん(10歳・コーギーMIX?)。いつも笑っているような顔と、短い手足がトレードマークです。

K-r04844
珍しく真顔ですが、やっぱり手足は短い。

K-r05123
ちょっと緊張しているのは……

K-r05118
……ソフトバンクのお父さんが来たから。

K-r05128
「うへぇ~」って顔してる。

茶々丸くん(1歳)は、だいぶ大人顔になってきました。

K-r04867
なっちさんに抱っこ。

K-r05099

K-r05113
警戒中なのは……

K-r05116
……ソフトバンクのお父さんが来たから。

K-r05096
「ちょっと緊張しました。」

お問い合わせは、Life of Animal さんの連絡フォームからお送りください。


K-r04964
FreePetsのリーフレット+ステッカー/リーフレット+缶バッジ

K-r04832
猫の会ブースのフリマスペース(準備中)

K-r04834
Life of Animal ブースのフリマスペース

この日は、今にも雨が降り出しそうな天気だったので(結局ほとんど降らなかったけれど)、十分なセッティングをするのがためらわれたフリマスペースはやや縮小ぎみでした。


この日は、さるねこ父は会場を早めに後にして、そこから車で20分ほどのところにある「地域ねこ化を計画している地区」のサポートに入ってきました。ある程度の目途が立ったら、またブログ上で(もしくは長崎県地域猫活動連絡協議会のブログ上で)ご報告できるかと思います。